「Reader Store 撤退」ってどういうことなの!?

Reader Storeは、サービスを提供し始めてから8年になる、国内最大級60万冊の品揃えを誇る ソニーが運営する電子書籍・電子コミックストアです。

グーグルでWeb検索していると気になるワード「Reader Store 撤退」が出てきました。

検索してみると、少し紛らわしい事実を見つけましたので解説したいと思います。

「Reader Store 撤退」ってどういうことなの!?

ガジェット系のニュースに、このような記事を見つけました。

ソニーの電子書籍端末Readerからのコンテンツ購入が5月7日で終了。購入はスマホ/PCで

 ソニーは、電子書籍の「Reader」端末のWi-Fi機能を使い、Reader Storeからのコンテンツ購入をするサービスを今年の5月7日で終了する。5月8日以降はPCやスマートフォンなどのReader Storeで購入するよう呼びかけている。

引用元:https://av.watch.impress.co.jp/docs/news/1043236.html

ソニーの電子書籍専用端末「Reader」でReader Storeからコンテンツを購入することが2017年5月7日で出来なくなってしまうとのことで、Reader Storeのサービスは継続するとのことでした。

てっきり、Reader Storeそのものが終了してしまうのかと思いましたが、サービスは続けられるとのことで安心しました。

本を買ってもデータさえ管理しておけば、いつでも多数の本を持ち歩くことが出来ますし、保管する場所なども要らないので、とてもスッキリしますよね。

Reader Store お得情報

現在 Reader Store では、初めての利用される方にもれなく「最大90%クーポン」プレゼントがあります。詳しくは、こちらのバナーから!