dyson v8とv10の比較!正常進化したv10の全貌とは?

ダイソンから2018年最新モデルがv10が発売されました。

現行機種のv8と要点を押さえて比較してみます。

ダイソン v8とダイソン v10の比較

モーターの回転数

 v8:110,000回/分 ⇒ v10:125,000回/分
 回転数が高速になり、吸引力が増しています。

モーターのサイズ

 v10のモーターは、v8より20%小型化されています。

 モーターのサイズが小さくなった
  ↓
 本体のデザインが直線的になり全体的に小型化
  ↓
 持ち運びがしやすい
 直線になることにより、吸引力への効率化がUP

モーターの重さ

 v10:125g  v8:225g

稼働時間(バッテリー持続時間)

 v10:60分  v8:40分

 新開発のバッテリーを採用することにより、
 1.5倍稼働時間が延長しています。 

ソフトローラークリーナーヘッド

 v10は新たに静電気の発生を抑えるカーボンファイバーブラシを採用
 柔らかいナイロンフェルトと組み合わせることにより、
 大きなゴミと細かなホコリをより効率的に収集出来るようになりました

V10モーターの圧力センサー

 新開発のV10モーターは圧力センサーが組み込まれています
 これによりテーブルやソファの上を掃除する時、
 床との高度差を感知し、吸引力を自動で微調整するようになりました。
 気圧まで感知して最適化をしてくれるのは、凄すぎますね!

 

今回のV10を出したと同時に、
ダイソンは今後コード付きの掃除機は出さない宣言をしました。

確かにコードレスで1時間も掃除が出来るのであれば、電源コードは不要ですね。

時代が変わったのを実感します^^ 

さらに詳しくは、下記公式サイトでご覧いただけます。
ダイソン公式オンラインストア