RX100M6 | RX10M4ユーザーから見た所感1(焦点距離編)

いよいよ新しいRX100M6が登場する事になったわけですが、

今までのRX100とだいぶ変わったというM6を

RX10M4のユーザー目線で見て見たいと思います。

シリーズにして、何回かに分けて書いていこうと思いますので、

ご覧ください。

 

ちなみに私はRX10M4とRX100M3を所有しているのですが、

コンパクトさと実用性の側面から捉えていきたいと思います。

望遠端200mmの優位性

RX100M6はまず従来から大きく変わったのは

望遠側が200ミリになったわけですが、

とても汎用的に使いやすくなるのではないでしょうか。

以前、知人の結婚式に呼ばれ、

コンパクトカメラ(望遠端100ミリ位のカメラ)を

持って行ったのですが、

新郎新婦を撮ろうとした時にやはり遠すぎました。

周りの雰囲気を伝えるにはいいのですが、

2人を狙った写真としては今ひとつだったんです。

こういった事は、コンパクトなサイズのカメラを

持って行くシーンでは良くあることではないでしょうか?

 

標準ズームレンズ付きのコンパクトでキレイに撮れるカメラは?となると

最近スマートフォンの画質はピカイチで、

スマートフォンはあえて背景をボカした写真も撮れますし。

よっぽどこだわらなければ、

スマートフォンでいいかも?

という感じになってきています。

 

やはり、プレミアムコンパクトといっても望遠端70ミリは、

立場的にもかなり厳しい状況になってきています。

今回200mmにしたのは、

今のカメラ事情に沿った進化だと思いますが、

いかがでしょうか。

RX100M6 機能説明動画

RX10M4ユーザーから見たRX100M6所感

RX100M6 | RX10M4ユーザーから見た所感まとめ