RX100M6 | RX10M4ユーザーから見た所感7(NDフィルター)

前回に続き、RX100M6を中心に書いていきます。

今回から省略された内蔵NDフィルターについて考察していきたいと思います。

ネットを見ていると、NDフィルターが無くなってしまったことに対する懸念を多く見受けられますね。一体どのくらい影響が出るのでしょうか?

まずはNDフィルター(Neutral Density)のおさらいから。

NDフィルターのメリット

サングラスのように減光することで、次のようなメリットがあります。

わざとスローシャッターにして滝を流した絵が撮れる

わざとスローシャッターにして流し撮りが出来る

明るい時でも絞りを開けて背景をぼかして撮影が出来る
最近のRX100シリーズは静止画の場合、電子シャッターが付いていて1/32000秒まで高速でシャッターが切れるので、絞りが開けられないということは少ないと思います。
ただ、動画撮影時にはシャッタースピードが自動で固定されますので、NDフィルターがあると表現の幅が広がります。

暗くしたい時に、絞りを最大に絞ると画質が悪くなる(光の回折現象)のを防ぐことが出来る。RX100シリーズでは最大絞りがF11なので画質の低下はみられませんが。(RX100M3で検証済)

NDフィルターを使用することにより、様々な表現の幅を広げるメリットがあります。

ですが、今回のRX100M6からNDフィルターが無くなってしまったのは残念ですよね。

なぜ、内蔵されなくなったのでしょうか?それについて考えてみます。

NDフィルターが内蔵されない要因

RX100シリーズのNDフィルターの有無は次のようになっています。

  焦点距離 ND Filter
RX100 28-100 mm  
RX100M2 28-100 mm  
RX100M3 24-70 mm
RX100M4 24-70 mm
RX100M5 24-70 mm
RX100M6 24-200 mm  

24-70ミリ以外は内蔵されていませんね。

焦点距離が伸びてくることによりレンズのサイズも大きくなり、構造的にNDフィルターを内蔵するのが難しくなってくると思われます。

内蔵すると、本体サイズが大きくなってしまったり、コストがかかってしまいます。

ライバル機として比べられる Panasonic LUMIX DC-TX2 もNDフィルターは付いていないようです。

補足として、RX10シリーズのNDフィルターの内蔵状況をのせておきます。

  焦点距離 ND Filter
RX10 24-200 mm
RX10M2 24-200 mm
RX10M3 24-600 mm  
RX10M4 24-600 mm  

RX10シリーズは本体サイズが大きく内部も多少余裕が有ると思われますが、焦点距離によって有無が分かれてきています。さすがに、600ミリになると厳しそうです。

ということで、NDフィルターをどうしても使うようなシーンはRX100M3~M5に軍配があがりそうです。

私個人の感想では、RX100M3を使う限りそこまでNDフィルターを使った撮影をすることはあまりありませんでした。

もし、特にこだわって撮影する時は、一眼レフやミラーレスでNDフィルターを付けて撮った方がいいのかなとも思います。

 

 YossyのBlog お得な情報 

これからカメラを買おうとしている方への限定の情報なのですが、

今、ソニーではRX100M3を買って応募すると必ずもらえる5,000円のキャッシュバックキャンペーン期間限定で実施していますね。

どこのお店で買っても適用されますので、安く購入してさらに5000円もらえばお得ですね!

⇒ソニー公式 キャンペーン情報

私もこちらのRX100M3を使用していますが、画質と機能、価格のバランスが取れたカメラでおすすめです。

NDフィルタも付いていますし^^

RX10M4ユーザーから見たRX100M6所感

RX100M6 | RX10M4ユーザーから見た所感まとめ