【台風 セーパット】名前の意味・由来は?

2019年、今回新たに発生した台風3号ですが、

セーパット(Sepat)という名前が付いています。

名前の由来が気になりましたので、

調べてみることにしました。

セーパット Sepat の意味・由来は?

調べていくと、

セーパットは、マレーシアが付けた名前で「淡水魚」という意味です。

スズキ目の淡水魚なんですね。

※ 2000年に台風委員会により制定された台風の国際名のひとつです。

画像を検索してみると・・・

▼Wikipedia スズキ目より引用

こんな感じの魚なんですね。

他にマレーシアが付けた台風の名前を調べてみると

  • ジェラワット(Jelawat)… 淡水魚の名前
  • ルンビア(Rumbia)… サゴヤシ
  • ターファー(Tapah)… なまず
  • ヌーリ(Nuri)… オウム
  • ナンカー(Nangka)… 果物の名前
  • チャンパカ(Cempaka)… ハーブの名前
  • ニヤトー(Nyatoh)… 木の名前
  • マールボック(Merbok)… 鳥の名前
  • マーワー(Mawar)… ばら

という感じで、動植物からの名前を付けているようです。

さらに詳しくは、

≫ 気象庁 台風の番号の付け方と命名の方法

にてご覧ください。

台風3号 日本への影響は?

(2019年6月27日執筆時点)

台風3号 セーパットは、日本列島の近くをとおり太平洋へ抜けるルートとなりそうです。

土砂災害や低地の浸水、河川の増水に警戒

台風3号
台風3号は、27日(木)18時現在、室戸岬の南南西にあって、北東へ進んでいます。中心気圧は998ヘクトパスカル、最大風速は18メートル、最大瞬間風速は25メートルです。
なお、台風3号は、28日(金)18時には温帯低気圧となる見込みです。

Yahoo天気より引用
https://typhoon.yahoo.co.jp/weather/jp/typhoon/?c=1https://typhoon.yahoo.co.jp/weather/jp/typhoon/?c=1

G20大阪サミットが開催される予定ですが、会場は海に近い所にあり、台風の影響に注意が必要です。

開催日 2019年6月28日(金曜日)、29日(土曜日)の2日間で開催。

会場(予定)大阪国際見本市会場(インテックス大阪)

関連コンテンツ