【新型iPad 2019】仕様・変更点を比較してみた

日本時間 2019年9月11日の午前2時にアップルが新型端末を発表しました。

新型iPhone 11よりも新型iPadが人気を集めているようです。

ということで、どのあたりがグレードアップしたのか?など、

「気になる仕様や変更点」について簡単にまとめていきたいと思います。

【新型iPad 2019】仕様・変更点を比較してみた

比較した機種

先代のiPad(第6世代)と今回発表された新型iPadを比較してみました。
ということで、今回発表された新型iPadは第7世代になるようです。

左が旧型、右が新型です。

主な変更箇所

●ディスプレイが9.7インチから10.2インチに変更
 ディスプレイサイズが大きくなった為か、サイズが大きくなって、若干重くなっています。

●スマートキーボードに対応
 新型iPad(第7世代)用を使用。

●低価格化
 新型:34,800円(税込)~
 旧型:40,824円(税込)~

今回変わらなかった主要箇所

●タッチIDは変わらず
 iPhoneの上位機種はタッチIDから顔認証に変わっているのに対し、iPadは指紋認証になっています。顔認証は賛否両論ありますね。

●アップルペンシル(第1世代)のみ対応のまま
 第2世代に対応してほしかったという意見も多いようです。
 第2世代はiPadにマグネットでピタッとくっつけるだけでワイヤレス充電されますが、
 第1世代はライトニングに刺すタイプです。

●CPUチップは「A10 Fusion」のまま
 処理する部分は、前回と変わっていないようです。

●メモリーの容量は最大のモデルで128GBのまま
 価格を抑えるためでしょうか?

●ライトニングコネクタのまま
 iPad ProはUSB-Cに対し、新型iPadはライトニングのままです。

●カメラは全般的にそのまま
 フロント、リアカメラは基本的に旧型と変わらないようです。

●スピーカーは2スピーカーのまま
 iPadで動画を見るときは、横にして使用するので、横にしたときに左右に付いているといいのですが・・・。

●Wifiモデル、セルラー対応モデルは旧型と同等

●バッテリー持続時間は同じ

新型iPadの人気のカラー・人気の容量は?

新型iPadが発表され間もないですが、家電量販店の予約等を見てみると、

人気になっている順序は、

1位 32GB ゴールド
2位 128GB ゴールド
3位 32GB スペースグレイ
4位 128GB シルバー
5位 32GB シルバー
6位 128GB スペースグレイ

やはりゴールドがオシャレで人気のカラーになっています。

今後、人気の順位変動はあるかもしれませんが、旧型を見てみるとゴールドは人気です。

容量は、32GBと128GB、両社とも同じ感じでしょうか?

個人的には、動画を見るときにフレームの部分が黒い方が好みなので、スペースグレイ一択です。

ということで、主要な仕様や旧型からの変更点についてまとめてみました。

全体的にそれほど変更点は無いようですが、第7世代にもなると熟成されていると
いえるのではないでしょうか?

さらに詳しくご覧になりたい場合は、アップル公式 iPad比較ページにてご確認いただけます。