【夢ゲンクールタオル】の仕組みを調査してみました

夢ゲンクールタオルのひんやりの秘密…

ヒルナンデスで紹介され、さらに人気の高まった

新商品の夢ゲンクールタオルですが、なぜそんなに冷えるのか?

ということで、リサーチしてみました。

夢ゲン冷却糸気化熱を効果的に発生させるタオルの構造にあるようです。

夢ゲンクールタオル秘密1

夢ゲンクールタオルは、独自の夢ゲン冷却糸を使用しています。
夢ゲン冷却糸の繊維は、熱の伝導率がより高いものを使用していて、触るとヒンヤリ冷たく感じるという仕組みです。

夢ゲンクールタオル秘密2

夢ゲン冷却糸は、毛細管現象を利用することにより、生地表面からの水分を内部まで浸透させています。
これは、植物が根から水や養分を全身に運ぶ自然の原理と同じような仕組みです。

夢ゲンクールタオル秘密3

水分が蒸発して温度が下がる仕組みが気化熱ですが、無ゲンクールタオルを振ることで、タオル内の水分が循環し、同時に効率よく蒸発させることで温度を下げます。

夢ゲンクールタオルのイメージ

夢ゲン冷却糸と3層構造により、
効果的に気化熱を利用したものが夢ゲンクールタオルの特徴です。

夢ゲンクールタオルは、繰り返しの洗濯でも効果が変わりません。

薬品も使用していないので、安心して洗濯して使うことが出来ます。

また濡れた状態でタオルを振れば何度でも冷たくなるので、冷たさが長持ちして、お出かけやスポーツなど様々な用途で使用することが可能なんです。

熱中症対策・紫外線対策に!

ひんやりした冷たさは、熱中症対策に加え、紫外線カットの効果もあり、夏の様々なシーンで活躍します。

人気商品で売り切れ気味ですが、これだけ人気がある商品ということで、メーカー側も一気に生産し、再入荷すると予測されます。

再入荷を見逃さないためにも、こまめにチェックして、いち早く手に入れたいですね。

8/6 「夢ゲンクールタオル」が入荷しています!

関連コンテンツ