【プチプラ】柏木由紀さんおススメのプチプラコスメまとめ♪

タレントの柏木由紀さんがYouTubeで

「プチプラコスメだけでピンクメイクしてみた!」というタイトルで

普段使われているおすすめのプチプラコスメを紹介されました。

ということで、紹介されたプチプラコスメを簡単にまとめてみました ♪

ぜひ、参考にしてみてください!

目次

【プチプラ】柏木由紀さんおススメのプチプラコスメまとめ♪

アイシャドウ

エクセル
リアルクローズシャドウ
カラー:オーロラプリーツ

結構使われている方が多いですね。
カラーは他にもありますが、どれも可愛いです。

左上の淡いピンクをアイホール全部に入れていきます。

筆でも指でも大丈夫です。

ポイントとしては、まぶたを少し明るくするイメージで塗っていきます。

柏木さんは最近、まぶたに発色しないメイクにハマっているそうです。

キャンメイク
パーフェクトスタイリストアイズ07

こちらはめちゃくしゃ使いまくっているそうです。

右上のカラーを二重まぶたの内側と外側を濃くしていく感じに塗っていきます。

ポイントは、真ん中は二重幅に、目尻と目頭は広めに入れていきます。

こうすると、目がちょっと閉まるそうです。(目が横長に見える)

まつ毛

キャンメイク
クイックラッシュカーラー

ビューラーで上げた後、マスカラの下地に塗っていきます。

これをやるのとやらないのでは全然違うんだそうです。(まつ毛のキープ力)

乾いたらといて、ビューラーでまつ毛を上げて固定させます。

まゆ毛

セザンヌ
ブラシ付アイブロウ繰り出し
03 ナチュラルブラウン

まゆ毛を横にこするように、毛流れを良くしていきます。

眉頭の方は上に立てるようにとかします。

下のパウダーで足りない部分をこちらのペンシルでで埋めていきます。

ヴィセリシェ
カラーリング アイブロウパウダー
ブラウン02

ピンクみのある眉のパウダーです。

丁度いいくらいの茶色で土台を作ります。

眉の下の方にから毛量が少ないところを埋めていきます。

ポイントは、左右のバランスを見ながら、眉頭の方をぼかしてちょっとずつ足していきます。

下から2番目のピンクを入れると可愛いとのこと(眉尻にふわっと入れる)

肉眼でわかるかどうか位のイメージで入れる。

まゆ毛が可愛いといわれるんだそうです。

エクセル
カラーオン アイブロウ
C005 グレージュ ブラウン

これを使うと、まゆ毛が浮かなくていいんだそうです。

眉マスカラは、眉尻から眉頭に向かって入れて眉頭は上に上げてからまた戻します。

デジャヴュ
ラッシュアップマスカラ

根元から上へ抜くように塗っていきます。

下も塗ります。

物足りないときはこちらも使ったりします。

カロミー
リアルロングマスカラ
ブラック

こちらはダマにならなくて良く伸びるのが良いんだそうです。

(ダレノガレ明美さんに頂いたんだそうです。)

アイライン

ヴィセ リシェ
スーパースリム ジェルライナー
ブラウン BR320

内側の粘膜を埋めていき土台を作ります。

内側を埋めることで、目がしまって際立ちます。

その後、まつげの間を埋めていくように、ちょっとずつずらして引いていきます。

目尻にはみ出さないくらいまで埋めて引いていきます。

ヴィセは汗をかいても落ちないので良いそうです。

アイラインはやっぱり大事です。

柏木さんは目頭の幅が広くて、目が腫れてるように見えるので、

アイラインをこれでうすく埋めるそうです。

そうすることで、腫れぼったく見えないそうです。

さらにもう一本使います。

キャンメイク
クリーミータッチライナー
ガーネットバーガンディ04

こちらは赤みがかった茶色ですが、これを目尻に使います。

いかにもアイライン引いてますとならずに、

ナチュラルに目の横幅を出すことができます。

ペンシルだけじゃ物足りないなと思ったらリキッドなどを足しても良いそうです。

ケイト
スリムクリエイトパウダーN

こちらの白を筆で鼻の筋を慎重に書いていきます。

キャンメイク
シェーディングパウダー
04 アイスグレーブラウン

丸めの筆で描いた白のラインに向かって影を入れていきます。(白を除いて)

眉下にも陰を入れていきます。

涙袋(下まぶた)

キャンメイク
パーフェクトスタイリストアイズ07

左上の薄い色を使用します。

付属品の筆で塗ります。

目の際まで入れないように内側は開けて、黒目の外側くらいまで入れていきます。

マジョリカ マジョリカ
シャドーカスタマイズ

筆を使って下まつげの間を埋めていきます。

これをすることにより目の重心が下に降りて、面長が少し解消されます。

エクセル
リアルクローズシャドウ
カラー:オーロラプリーツ

右下の濃い色を使用します。

目尻の方は三角部分を埋めて垂れ目に見せます。

チーク

セザンヌ
ナチュラルチークN14
ラベンダーピンク

こちらは、めちゃくちゃ透明感が出るんだそうです。

大きめの筆で、ほおの高い位置に内側から外に広げていく感じで入れていきます。

指を使って少しぼかします。

キャンメイク
シェーディングパウダー
04 アイスグレーブラウン

顔をシュッと見せるために陰をざっくりと入れます。

大きめの筆でほおの下全体、おでこに入れます。

リップ

セザンヌ
ラスティンググロスリップ
PK11

ベースとして使います。

これは凄く潤うんだそうで、リップ代わりにも使えるほどです。

ピンクが紫っぽいので、少し赤身を足します。

ロムアンド
ゼロベルベットティント
04 バーンハート

量は少なめに、唇の真ん中にポンポンと置いてから指で叩いていきます。

それを指で叩いていきます。

こちらはマットタイプですが、先にグロスリップを塗っているので、カサカサにならないで済みます。

 

ということで、プチプラでも全然いつもの感じに仕上げることが出来るようです。

柏木由紀さんは、メイクが完成したときに、やはりプチプラって凄いと改めて実感されていました。

高ければ良い、安ければ悪いっていうことは絶対になくて、質感だったり発色の仕方だったり人によって全然違うと思うので、いろいろと試してみるのがいいと思うとのことでした。

ぜひ、皆さんも柏木由紀さんも普段から利用されていますプチプラでピンクメイクをしてみましょう!

大手通販サイトでは、さらにおトクに買えるので一度チェックしてみてはいかがでしょうか?