まちかど情報室|洗濯 汚れ落としにひと工夫(ダウンジャケットの洗い方)

20201026日(月曜日)

NHK おはよう日本 まちかど情報室

今日のテーマは『洗濯 汚れ落としにひと工夫』

番組で紹介された内容や詳細をまとめていきます。

まちかど情報室|洗濯 汚れ落としにひと工夫(ダウンジャケットの洗い方)

今日教えてくれたのは、クリーニング店を経営する茂木康之さんです。

洗濯のノウハウを本やイベントを通じて紹介しています。

おうち時間が増える中で、汚れを落とす方法を知りたいという人が増えているそうです。

茂木さん「お時間があってお家で自分でケアできるのであれば、ひと手間かけることによって、もっと家で洗えることって広がると思うんですよね」

そこで達人の技がこちら。

洗濯機を上手に使うです。

洗濯物を入れてあとは全自動ということではなく、水の量や使う洗剤を自分で決めるということが大切なんです。

衣類の汚れがひどい時、つい洗剤を増やしてしまいがちですが、逆効果だったりします。

洗剤を多く入れてしまうと、繊維から汚れを引き離す洗剤の働きを泡が妨げてしまうんだそうです。

そこで・・・

茂木さん「汚れを落としたい時、まず増やすのはなんです。」

水が多いと汚れが浮き上がりやすくなります。

ポイントは、洗濯物の上に自分のこぶしを入れ、手首まで全部つかるくらいに水を入れます。

※確認は洗濯機の動作を止めて行ってください。

さらに、すすぎの際も同様です。

手首の上くらいまで水を入れると、汚れがよく落ちます。

粉末洗剤と液体洗剤の使い方

液体洗剤と粉末の洗剤を使い分けることがポイントですが、どのように使い分けるか分かりますか?

茂木さん「実は汚れは粉末洗剤の方がよく落ちます

一般的に粉末の方が、液体と比べて洗浄力が強いんですが、そのぶん生地が傷みやすいんですね。

なので、通常は生地にやさしい液体洗剤を使用し、汚れがひどい時は粉末洗剤を使うと良いそうです。

ダウンジャケットの洗い方

さらに、この時期に家でなかなか洗わないものにチャレンジするのもおすすめです。

たとえば、ダウンジャケット。

ひと冬、一度も洗わずに使用される方もいらっしゃると思います。

茂木さん「ちょっと着用して汚れたとか、何か食べ物が付いて汚れてしまったとか、そのタイミングで洗う方が、洋服にとってはアンチエイジングにつながります」

アンチエイジングということで、ここで大切なのは洗濯機に入れる前のひと手間です。

まず弱アルカリ性の洗剤と水の割合を1:1の同じ量で混ぜます。

これをスプレーボトルに入れ、汚れやすい首回りの部分にスプレーします。

吹きかけた部分をブラシなどでトントンと叩き洗いします。

そのあと、30~40℃のお湯に中性洗剤を大きめの容器に入れ、ダウンジャケット内の空気をしっかり抜いて入れます。

中まで水を浸透させるのがポイントです。

だんだんと汚れが出てきます。

良く押してしぼってから、洗濯ネットに入れて洗濯機に入れます。

ここでは洗剤は入れず水を増やして洗えば汚れがちゃんと落ちるそうです。

※ダウンジャケットを洗えるタイプの洗濯機を使用。

洗い終わったあとは、ハンガーに掛けて半乾きになるまで干してから乾燥機にかけるとふわっと仕上がります。

茂木さん「正しい洗い方をして、しっかりと洗浄することで、気持ちよく過ごせる日が毎日来るんじゃないかと思います。」

茂木康之さんの洗濯術 ポイント

1.汚れが気になるときはまず水を増やす

2.粉末洗剤と液体洗剤を使い分ける

3.ダウンジャケットはまず手洗いで