【Pure Hot+Cool 2018】セールでお得に買えます!

ダイソンは2018年9月14日、ヒーターとファン、空気清浄機能も兼ね備えた「Dyson Pure Hot+Cool (ダイソンピュア ホット アンド クール)」の最新型機種2018年モデルが発売開始となりました。

さらに今、ダイソン公式オンラインストアでは Black Friday セールを実施中!

なんと30%OFFになっています。(11月27日(火)11:30まで)

セール前価格:67,824円(税込) ⇒ 47,304(税込)

ダイソン製品の詳細・購入はこちら
ダイソン公式オンラインストア

Dyson Pure Hot+Cool 2018モデル

部屋の空気の汚れを検知し、汚染物質を捕集しながら部屋を暖めます。

本体に3つのセンサーを内蔵し、室内の空気汚れを検知します。

「温度・湿度センサー」
「微粒子(ホコリ)センサー」
「有害ガス・ニオイセンサー」

2018年モデルから新たに備わった本体のLCDディスプレイに空気の汚れをデータ化して表示します。

専用のスマホアプリ「Dyson Link」からも空気の汚れデータを確認でき、アプリからDyson Pure Hot+Coolを操作、リモコンとしても使用できます。

従来のモデルよりも大きく、厚くなったグラスHEPAフィルター(HEPA材は従来モデルと比べて60%増)を搭載することで、PM0.1レベルの微細な粒子を99.95%除去し、アレル物質やバクテリア、花粉もしっかり捕集することができます。

従来モデルと比べて3倍以上の活性炭を含んだ活性炭フィルターも採用し、ホルムアルデヒドやベンゼンといった有害ガスのほか、ニオイもしっかり取り除いてくれます。

ヒーター機能

気流増幅部の配列を見直し、室内を素早く均一に暖め、設定温度になると自動的に待機モードに切り替わります。(室温が下がったときに再び稼働)

送風モード

扇風機のように使える送風モードも搭載。フィルターで浄化された風を本体正面に送り出すほか、本体後部から空気を送り出す「ディフューズドモード」機能も付いています。

Dyson Pure Hot+Cool 2018 仕様

本体サイズ:W248×H764×D248mm
重さ:5.7kg
空気清浄能力の目安:9畳で30分、26畳で60分
暖房の適用床面積:
 コンクリート住宅 5~10畳※
 木造住宅  4~6畳※
 ※断熱材の具合により異なります

フィルター交換の目安:約1年 (1日12時間使う場合)
交換用フィルターの価格:
 グラスHEPAフィルター 4,000円 (税別)
 活性炭フィルター 3,000円 (税別)

ダイソン製品の詳細・購入はこちら
ダイソン公式オンラインストア

関連コンテンツ