加湿器をつけても湿度が上がらない原因について解説します

寒くなってきて乾燥が気になるシーズンとなりました。

乾燥するとウイルス感染や花粉の飛び散りがとても気になります・・・^^;

ということで、おすすめの加湿器を紹介したいと思います。

表題のように、今まで私も加湿器は色々と使ってきましたが

湿度が上がらないと思い、

加湿器を買い換え良い製品に出会えたのでレビューを交えて、ご紹介します。

ちなみに、加湿対象の部屋は6~10畳程度です。

以前、使っていたのは空気清浄加湿の一体型でした・・・。

タンクに水を入れて加湿はしているけれど、

なかなか湿度が上がりません。

もちろん、加湿能力の部屋の畳数も適正ですが、

湿度が上がらないんですね。

さらに水タンクや、

中のスポンジ部分は週1回掃除しないと水垢が溜まり、

不衛生な湿気をまき散らしてしまう恐れもあり。

ということで購入したのが、こちらのスチーム式加湿器。

象印 スチーム式加湿器

見た目は、湯沸かしポットのような、独特の加湿器ですが、

スイッチを入れてお湯を沸かして加湿するタイプですが、

これが、ぐんぐんと湿度が上がるんです。

今まで、湿度が上がらなかったのがウソのようです^^

もちろん適正の湿度になれば、きちんと止まる自動湿度調整式です。

また、通常加湿器を付けると、水の冷たさで寒く感じますが、

こちらの沸かすタイプの加湿器は、ほんわかと暖かい感じになります。

エアコンの温度設定も以前に比べ低くしても暖かく感じるようになりました。
(26度から22度になった)

加湿器の内部も水を沸かすタイプなのでとても衛生的です。

ということで、とてもオススメの加湿器です。

加湿器を選ぶと色々あって迷ってしまいますが、

とにかく湿度をきちんと上げたいならこちらの商品一択といっても過言ではない感じです。

製品について詳しくはこちら↓のメーカーHPをご覧ください。

象印公式サイト スチーム式加湿器
https://www.zojirushi.co.jp/syohin/humidifier/eern/

スチーム加湿器のメリット

  • 加湿力がとても良い
  • 暖かい湯気が出るので寒くならない
  • 沸かす音がポットのような音で、ほのぼのする。
  • 水を湧かすのでとても衛生的。
  • フィルター不要

スチーム加湿器のデメリット

  • 若干電気代はかかりますが、加湿できないより断然マシ(1時間約5円~7円程度。
    乾燥して風邪を引いて風邪薬を買うくらいなら、よっぽど良いw)
  • 湯気が熱いので、小さいお子さんがいる場合は近づけないところに置く
  • 加湿時の湯沸かし音が少し気になる

 

象印のこのタイプの加湿器は大小の2種類あり、

部屋の広さに合わせて選択できます。

大きいサイズは小サイズを兼ねると思いきや、

加湿しすぎると結露したりしてカビが生える原因にもなるので、

やはり適正のものを選ばれた方が安心です。

大手通販では在庫も分かり、比較的安く買えます。

湿度計の精度について

また、湿度計も2~3年でダメになって正確に表示されないものが多いので、

消耗品と考え湿度計も定期的に購入することをオススメします。

ちなみに、私はこちらの湿度計を使っているのですが、日本製で精度の高いエンペックス社製の温度&湿度計でおすすめです。

最近デジタルの温湿度計が多いですが、アナログ方式の方が精度が高いです。

温度:±1℃、湿度:±3%RH