【ライザップ】なぜ70億円の赤字予想になったのか?

ダイエット商品やトレーニングジムの大手ライザップグループは2018年11月14日、2019年3月期の業績予想を下方修正し、純損益は70億円の赤字(営業損益33億円の赤字)になる見通しと発表しました。

業績悪化により瀬戸社長は1年間分の役員報酬を全て返上とのことです。

ライザップは今まで企業の合併、買収(M&A)をすることにより事業を拡大してきましたが、内容的には計画通り進まず今後、新規のM&A凍結するようです。

なぜ70億円の赤字予想に?

ライザップは相乗効果を狙うため、企業の合併や買収(M&A)をしてきました。

半年前までは「毎月10社の資産を査定し、平均1社を買収する」と本業と繋がりが見えにくい企業もあったようです。

また、純資産より安く買収し、差額を「割安購入益」として営業収益に組み入れる会計上の手法を多様することで、利益を大きく見せてきたようです。

どんな会社と合併・買収をした?

ライザップが合併・買収をしてきた本業と繋がりが見えにくい企業の業種はこちらです。

・婦人服
・ジーンズ
・サッカークラブ
・和服販売
・新聞社
・CD販売

ライザップは2018年3月、スマートフォンなどの普及により、近年のフリーペーパー市場が縮小することで赤字続きになっていたフジサンケイリビング新聞社を買収しました。

日本放送に敵対的買収を仕掛けたライブドアというのがありましたが、瀬戸社長曰く「力ずくでやってうまくいくわけがない」とライブドアとの違いを強調していました。

Yahooニュースの読者のコメント

ヤフーニュースのコメント欄にも様々な意見が出ているようです。

ライザップは例えば結婚式に体型のピークを持っていきたいみたいな特定の日にちまでに体を作るにはいいかもしれないけど減量してそれを維持するダイエットには不向きなんだよ。ほとんどがリバウンドしてるのが現実。ってかあんな食事メニューなら数十万払って通わなくても自己流でも痩せる。第一同じような食生活を続けられる強靭な精神力あるなら既に自分で努力して痩せてるかそもそも太ってない

分不相応な合併、吸収の結果にまさに結果にコミットしましたな。

着眼点は良かったけど
最大のウィークポイントはリピーターに繋げにくい
この一点に尽きるだろう

どこかでピークが来てあとは衰退していく事になる
売り上げを店舗拡大で追っかけその間に第2弾、3弾と
商品をぶつけるしかないが、英語もゴルフもイマイチという事かな?

もう一点はM&Aで凌ぐ手だが、これとてそうそう上手くいくわけもない
傷口を広げないうちに、手元にお金が残るうちに
勇気ある撤退が最良の策に思える

この会社とZOZOTOWNは10年後にはないと思う。
大塚家具は2年もたないと思う。

駅前留学のなんとかと同様の末路になりそうと当初から予想できました

結局、普通のコナミ、ティップネスや最近は郊外形の駐車場が沢山あるスポーツクラブが繁盛してますね。
大抵はイケメン、美人のインストラクターか、受付が居てオジサン、オバサンを引き付けてる感じが商売上手いなとも感じますが、実際は経営的に、どうだろう。。

ライザップは糖質制限肉食ダイエットのパクり+筋トレ、では、そりゃ目標体重になれば、リバウンドする人は、芸能界見てても、おおいわ。。継続は力なりですね。

といった感じでした。

やはり、赤字経営を続けている会社を見極めてM&Aをしているとのことですが、赤字になる理由というのは深く、一筋縄ではいかないのが現状なのでしょうか?

今後、芸能人を多用したCMを流す『ライザップ』の行方が気になるところです。

関連コンテンツ