【林先生が驚く初耳学】酵素ドリンクは効果なし

2018年11月18日に放送されました「林先生が驚く初耳学」では、

テレビで公表されてこなかった「健康ドリンクの事実」

といった内容で、驚愕的な事実が紹介されました。

一体どういうことなのか、まとめて書いていきたいと思います。

まず「体に良いと思って飲んでいるものはありますか?」といった質問。

その答えに出てきたのが「酵素ドリンク」ですが、

今流行っていて、ダイエットにもいいと聞いて飲まれていると思いますが・・・。

美容ドリンクがひた隠しにする大いなる矛盾

林先生、これ知ってますか!?

「ネット販売で好評の酵素ドリンク」ですが、そもそも酵素は体内で作られ、消化吸収を助けたり、新陳代謝を活発にしてくれるもの。

酵素ドリンクは生きている酵素を取り込めるため、体内の酵素量が増加。

新陳代謝がより活発になるとうたっています。

これらの宣伝文句には

「キレイを実感!」「99%が痩せてます」

など様々な美容効果が・・・

しかし、そんな酵素ドリンクの「衝撃の事実」が明らかに!

酵素ドリンクの酵素は???

・・・

・・


酵素ドリンクの酵素は、なんと「死んでいる!」

もちろん、死んでいる酵素は飲んでも意味がありません・・・

その証拠に、酵素ドリンクを使って実験をしてみることに。

酵素は食べ物を分解する役割があります。

もし酵素が生きているなら、ゼリーを分解し溶かすはずと、

ゼリーに市販の酵素ドリンクをかけてみます。

もう一方には、酵素が含まれている「生のフルーツをジューサーで混ぜたジュース」をゼリーにかけてみます。

そして放置すること8時間。

まず、生のフルーツジュースを入れた方はゼリーが完全に溶けています。

つまり酵素が生きていて分解した証拠です。

一方、市販の酵素ドリンクは、ゼリーはほとんど溶けていません。

つまり、酵素は完全に死んでいたんです。

ここで林先生に質問。

酵素ドリンクの酵素が「死んでいる」とは?

知ってた?それとも初耳?

林先生 ⇒ 知ってたと回答。

林先生が酵素ドリンクの矛盾を完全解説

酵素って働くのに適切な温度があります。

人間の中にある酵素が働くのは人間の体温前後

飲料として売る時は、

日本では65℃以上、あるいは85℃以上で加熱して殺菌したものでなければ飲料としては販売できないんです。

一般的な酵素は、60℃以上で活動停止(死んでしまう)

ですから、当然のことですよね。

といったお見事な回答。

酵素ドリンクの酵素は、

「食品衛生法の加熱殺菌で死んでいる

一方で、お店で生野菜やフルーツをドリンクにしたものは・・・

加熱義務がないため生きた酵素が含まれています。

これもヤバいんじゃないか!?というものが、

カルピスにあるこの表記 ⇒ 乳酸菌飲料(殺菌)

乳酸菌を「殺菌」したら意味がないのでは!?

アサヒ飲料に聞いてみました。

アサヒ飲料 担当者「乳酸菌自体は生きていないんですが、製造過程の発酵の段階で乳酸菌は乳酸を作っているんです」

つまり、役割を終えた後に殺菌されているんですね。

そもそもカルピスの乳酸菌には、

整腸作用のある乳酸を作り出す性質があり、

加熱殺菌をされる前にしっかり乳酸を作り、

乳酸菌は生きていなくても、

悪玉菌の増殖を抑えてくれるんです。

ということで酵素を摂る場合には、

生きたままとらないと意味がないということが良く分かりました ^^;

栄養分を壊さないスロージューサー

通常の高速で回転させるジューサーは摩擦熱が発生、

初耳学でも取り上げられました酵素などが破壊されてしまいます。

こちらのスロージューサーは、ゆっくりと回転しながら絞り出す仕組みなので、酵素などの栄養をそのまま飲むことが出来るんですね。

生の野菜や果物の果汁はとても美味しく、美容や健康維持にオススメです。

生きたままの酵素が取れる
和麹づくしの生酵素

生の酵素力を効果的に摂取できるというと、
こういった商品もあります。

熱処理をしていないので効果的に酵素が摂取出来ます。

『和麹の生酵素』は、厳選された良質な酵素が豊富に含まれているので、とても効果的なんです。

詳しくは公式サイト↓にてご覧ください。

和麹づくしの雑穀生酵素

関連コンテンツ