RX10M4 バッテリーのレビュー

今回は、RX10M4のバッテリーの持ち具合などについて書き記したいと思います。

RX10M4のバッテリーの持ち具合は?

私は風景や野鳥を撮影することが多いのですが、
あまり高速の連写を使ったりはしていません。
(徐々に慣れてきたら高速連写も活用したいと思っています・・・^^)

動画も数秒程度の撮影をしたりします。

私が撮影をする時はファインダー(電子ビューファインダー)を使用し、
液晶ディスプレイで再生、確認するスタイルです。

そんな使い方でのバッテリーの減り具合ですが、

先日、100枚程度撮影してきて、バッテリーゲージが約半分でした。
(2時間位の間に電源のON/OFFを繰り返しています)

使用環境は14℃前後でした。寒いと電池の消耗が早くなりますね。

もし高速連写や動画撮影を10分以上する人であれば、
予備バッテリーを用意されることをオススメします。

もう一つ用意する場合の選択肢

RX10M4 用 純正バッテリー

ソニー リチャージャブルバッテリーパック NP-FW50
希望小売価格8,400円+税

標準バッテリーと予備バッテリーの充電方法

標準バッテリーと予備バッテリーを2つ充電する場合は、
通常であればRX10M4本体内での充電になりますので、
バッテリー充電の完了を見計らって入れ替えてさらに充電となります。

ソニーの仕様では満充電で2時間30分と書いてありますので、
充電したことを忘れるくらい長いです。

もし、手間をかけずに充電をしたいのであれば、
専用の充電器(別売)を用意する必要がありますね。

ソニー バッテリーチャージャー BC-TRW
希望小売価格6,700円+税

もう一つの選択に互換品バッテリーが売られています。

RX10M4 互換バッテリー

バッテリーパック RAVPower NP-FW50 互換バッテリー 2個 + 充電器 セット

Amazonでもベストセラー1位です。

値段も安いのにバッテリーが2個と充電器までセットのようです。

Amazonでのレビューもまずまずです。

注意! ご購入は自己責任でお願いいたします。

どちらにするかですね。価格重視か純正品で固めるか?ですね。
純正品ならではの安心感もありますが、
ここまで値段が違うと迷いますよね。

以上、RX10M4のバッテリーについてのレビュー記事でした。

決定的瞬間を撮りたい時に
バッテリー切れにならないよう注意しながら、
フォトライフを楽しみましょう!