シャンプーの界面活性剤の影響とは?

市販されている多くのシャンプーに含まれている界面活性剤
実は、人体に悪い影響があると指摘されています。

少しくらいなら大丈夫だろうと思い、ついつい使ってしまいがち。

でも、シャンプーは毎日のように使用しますので、日々、体に蓄積してしまいます。

ということで、界面活性剤の人体への影響、危険性について解説していきます。
ぜひ、参考にしてみてください。

シャンプーの界面活性剤の影響とは?

界面活性剤には、人間の体や環境などと、様々な影響があります。

癌などの病気

界面活性剤には水と油を混ぜ合わせる浸透作用があります。

この浸透作用により、皮膚に付着した界面活性剤が体内に浸透していきます。

体内に入った余分なものは通常分解され、排泄されていきますが、合成界面活性剤は分解することが出来ない為、血液と共に体内で循環、細胞、肝臓などの臓器などにも蓄積していきます。

細胞に界面活性剤が入り込むと遺伝子を傷つけ、異常細胞に分裂し、癌細胞になってしまうといわれています。

界面活性剤の影響により、体の免疫力が落ちてしまい、癌細胞を破壊することが出来ず、様々な癌や病気に発展することもあります。

簡単に示すと

皮膚から界面活性剤が体内へ浸透
   
分解できない為、血液と共に体内を循環
   
細胞、肝臓などの臓器にも蓄積
   
界面活性剤が遺伝子を傷つけ、異常細胞に分裂
   
癌細胞へと発展

アレルギーの原因

女性の場合、子宮に界面活性剤が蓄積することで、不妊症になってしまったり、生まれてきた子どもがアレルギー(アトピー性皮膚炎など)になってしまうこともあるといわれています。

環境への影響

界面活性剤を使用すると、下水から川や海など環境への影響も懸念されています。

河川や海で生息している生物にも人間と同様の事になり、生態系のバランスが崩れていきます。食物連鎖に影響を及ぼしてしまうのです。

最終的には、それらが人間にも悪影響を及ぼしてしまうということになります。

あまり目には見えないので実感はありませんが、界面活性剤は多くの悪い影響を及ぼすことが分かりました。

多くのシャンプーには界面活性剤が入っていて、テレビなどのCMでも普通に紹介され、多くの人が使っている=大丈夫なんだろうと錯覚してしまいますが、探せば良いシャンプーもありますので、ぜひ体に優しいものを探してみてはいかがでしょうか?

界面活性剤 不使用のシャンプー

界面活性剤を使用していないシャンプーです。
通常のシャンプーと比べると価格は高めになりますが、安全なシャンプーということで、注目され人気の商品となっています。