元号変更の景気への影響は? ⇒ 影響の出る業界まとめ

景気が良くなっているといわれていますが、あまり実感がない今日この頃ですが、2019年4月1日、新しく元号が発表され、5月1日より元号の変更が行われます。

この元号が変わることで、景気に影響はあるのでしょうか?

ということで、まとめておきます。

元号変更による影響がある業界など

紙幣、貨幣、印刷物の変更

紙幣・貨幣や印刷物には元号が書かれている為、それらを変更する必要があります。これらを製造している印刷業界に需要が高まります。

印刷会社、インキ会社、製紙会社、印刷機材メーカーなど

元号の書かれている印刷物の一例

・紙幣・貨幣
・伝票、連続伝票
・各種帳票
・見積書
・契約書
・カレンダー
・手帳、スケジュール帳

など

読み取り装置・機械の変更

上記のような変更に伴い、それらを読み取る機械やソフトウェアの変更が必要になります。システム・ソフト関連業界に需要が増えることが考えられます。

情報システムの変更

官公庁や一般企業、金融機関など情報システムでは元号を使用しているものもあり、それらのシステムの変更が必要になります。システム関連業界に需要が高まります。

 

上記のように変更に伴い、各業界に需要が高まり、景気に影響が出るといわれています。

また、新たに天皇陛下の即位に伴い、大型連休では旅行業界、観光地などでも需要が高まることも予測されます。