【台風の東側・西側】雨や風の影響が強いのはどっち?

気になる台風の進路ですが、

そんな時、自分のいる場所から見て

台風が東側を通るルートと西側を通るルート。

それぞれ雨や風はどんな特徴があるのかについてまとめていきたいと思います。

ぜひ、参考にしてみてください。

【台風の東側・西側】雨や風の影響が強いのはどっち?

台風の東側と西側を分けて、それぞれの特徴について解説していきます。

台風の東側(右側)について

日本は北半球ですが、

北半球の場合、台風は必ず反時計回りになり、

台風の東側(右側)は、台風の進路方向(南⇒北)と台風の自転の方向が一致するため、

多くの場合、比較的、雨、風ともに強くなりやすい傾向があります。

台風の西側(左側)について

一方、台風の西側(左側)は、台風の進路方向と

反時計回りの台風の自転が逆の方向になるため、

多くの場合、比較的、雨、風ともに弱い傾向です。

西側と東側の風速の違いについて

下のグラフは主な台風の傾向で、

台風の西側と東側での風の強さを表したものです。

グラフの上の方が風が強いことを表しています。

台風の大きさにもよりますが、

東側は、西側より3割ほど風が強くなる傾向のようです。

台風の中心を通るルートは

自分のところが台風の中心を通るルートの場合は、

中心付近の風が弱いことが分かります。

これは台風の目になる部分ですね。

大きな台風でも中心から、数十キロの範囲はかなり風が弱いことが分かります。

(最大風速の5分の1程度)

ただ、台風が来るまでや、去っていく過程では中心からの距離があるため、

雨風ともに、それなりに強くなる傾向があるので注意が必要です。


画像:気象庁ホームページより引用
https://www.jma.go.jp/jma/kishou/know/typhoon/2-1.html

まとめ

台風の東側の方が雨・風が強くなる傾向です。

以上、台風の通るルートと雨、風の影響についてまとめてみました。

いずれにしても台風が来ると様々な被害が出ることがありますが、

身の回りの整理整頓をきちんとして、被害があまり出ないようにしたいですね。