【シックスパッド パワーローラー S 使い方】どんな感じに使う?

今、凄い人気になっている『シックスパッド パワーローラー』は、

筋肉のトレーニングやストレッチ、ボディケアなど、健康な体づくりを追求出来るので、

多くのモデルさんをはじめ、スポーツ選手、芸能人にも愛用されています。

そんな、シックスパッド パワーローラーの使い方についてまとめてみました。

【シックスパッド パワーローラー S 使い方】どんな感じに使う?

体の中で、ストレッチをしたい部分に押し当てて、ゆっくりと転がすように動作させます。

シックスパッド パワーローラーSは、筋肉の伸縮をしながら、まんべんなくストレッチを行うことが出来ます。

多くの部位でストレッチ出来ます。

脇腹のストレッチ
普段あまり鍛えられない脇腹などをEMSトレーニング。

表面の凹凸により、筋肉を伸ばしたり緩めたり、充実のストレッチを実現します。

ふくらはぎのストレッチ
長時間の立ち仕事や椅子に座ったままだと、血流が悪くなってだるくなったりします。
そんな時は、ふくらはぎのストレッチがオススメです。

背中や肩、腕、脚、足裏など、全身の気になる部位に押し当て、転がすように動作

パワーローラーSをこんな感じに当てて使用します。

こんな人におすすめです

icon-hand-o-right 肩、腰、足が重いと感じる人

icon-hand-o-right からだが固い人

icon-hand-o-right 疲れがたまりやすい人

icon-hand-o-right つまずきやすい人

icon-hand-o-right 運動が苦手な人

シックスパッド パワーローラーを使用した方の感想まとめ

 icon-comment 強さは4段階あり、強にするとかなりの振動ですが、主に2段目を使用しています。

 icon-comment 筋肉のマッサージではとても気持ちが良いです。

 icon-comment 使用していて寝てしまっても自動で止まる仕様なので便利です。

 icon-comment 背中に使用することで、肩こりが解消しました。(血行が良くなり痛みが取れた感じです)

シックスパッド パワーローラーの特徴・仕様

 icon-check-circle 最大 3000回/分の振動機能を搭載。
 icon-check-circle 表面の凸凹がストレッチをサポートし、筋肉を心地よくアプローチします。
 icon-check-circle 気になる部位に押し当てて前後左右に動かすことで、効果的にストレッチをサポート。
 icon-check-circle 4種類のモードからお好みに合わせて選ぶことが出来ます。
 icon-check-circle コンパクトなサイズで、内蔵バッテリー搭載なので、どこでも手軽にストレッチが出来ます。

製品スペック

サイズ 約 長さ 315mm × 直径 85mm
重量 約840g
使用限界重量 120kg
材質 EVA、ABS樹脂
付属品 ACアダプター、取扱説明書(保証書付)
推奨使用環境温度 10~40℃
電源 リチウムイオン充電池内蔵(DC7.4V 2,200mAh)
定格消費電力 10W
充電時間 約3時間
タイマー 15分
動作可能時間 最長:約6時間(弱モードの場合)
最短:約2時間(強モードの場合)
振動回数 弱:1500回 / min(±300回)
中:2500回 / min(±300回)
強1:3000回 / min(±300回)
強2:1500~3000回 / min(±300回)
定格入力 AC100~240V 50 / 60Hz 0.5A
定格出力 DC9V / 1A 9W

シックスパッド パワーローラー Sの価格と在庫状況

シックスパッド パワーローラー Sは、大手通販サイトのAmazonなどで販売されていますが、人気商品のため品切れになる時があります。

下のグラフは、Amazonでのシックスパッド パワーローラー Sの販売価格(2020年)を表したものですが、オレンジ色の部分が無いところは在庫切れの状態を表しています。

場合によっては、買えない時があるようです。

もし気になる方は、早めにチェックをしておきましょう。

ストレッチロールとストレッチロールSの違いとは?