まちかど情報室|手作りせっけんで楽しく手洗い(松崎ひさ子さん)

20201020日(火曜日)

NHK おはよう日本 まちかど情報室

今日のテーマは『手作りせっけんで楽しく手洗い』です。

番組で紹介された内容・詳細についてまとめていきます。

まちかど情報室|手作りせっけんで楽しく手洗い

今日教えてくれたのは、オリジナルの石鹸づくりの講師をしている

松崎 ひさ子さん。(日本デザインせっけん協会 代表理事)

こんな時だから周りからこんな声も聞くそうです。

「小さな子どもが手を洗うのを飽きてしまう」とか
「水でパーッと流すだけで、石鹸をしっかり付けて洗ってくれない」

といった感じ・・・。

でも自分で作った石鹸なら手洗いも楽しく出来そうですよね?ということで、

材料として使うのが、グリセリンソープという

植物性の石鹸です。

保湿成分のグリセリンが多く含まれているのが特徴で、

簡単に手に入れることが出来ます。

松崎さん「一般的な石鹸は熱で溶けにくいものが多いんですけど、この石鹸のいいところは熱で溶かして冷やして固まるところです。」

オリジナルせっけんの作り方

1.グリセリンソープを鍋に入れて弱火でかき混ぜながら溶かす

2.溶けたらトレーに流し 冷蔵庫で冷やし型抜きする

ここから一手間加えると更に楽しいものを作ることが出来ます。

上で抜いた石鹸をトレーに入れ、溶けた透明の石鹸を流し込みます。

すると、透明の石鹸の中に型で抜いた石鹸が入っている感じになります。

いろんな形で楽しむことが出来ます。

さらに、小さな玩具などを溶かしたグリセリンソープに入れて固めると、石鹸の中に玩具が入っている感じになります。

毎日きちんと手洗いをすることで、玩具を取ることができるので、手洗いの促進につながります。

番組内の感想「遊んでいる感覚で長く石鹸を触っているので、しっかり洗えているんじゃないかと思います。」

石鹸を使用した後は、水をきちんときっておけば、ふやけることなく長く使用することが出来ます。

松崎さん「自分で作った石鹸というのは、お気に入りというのがあると思います。手作りせっけんを親子で楽しんで、一緒に手を洗ってもらえればうれしいと思います。」

関連記事

まちかど情報室|手触りが楽しめるオリジナル石鹸の作り方