【ビビット】ASKA5年ぶりライブ 独占インタビュー

2018年11月8日のビビット。

11月5日、5年8ヵ月ぶりにステージに復活した歌手のASKAさん(60)

ビビットではライブの開始5時間前からASKAさんに密着していました。

その内容をまとめていきます。

独占5年ぶりライブASKAインタビュー

ライブ前のリハーサルを行うASKAさん。

そんなASKAさんに熱いまなざしを送り涙ぐんでいたのはテリー伊藤さん。

すると「テリーさん ありがとうございます」と走ってきたASKAさん。

ASKA「いろいろ ご心配かけました」

テリー「ミュージシャンって すごいなと思う。一曲歌っただけで俺、価値観変わるね。」

共通の友人を通して親交のあったテリーさんはライブをするASKAさんを見守っていたのです。

そしていよいよライブ開演ー

2曲を歌い終え、深々とお辞儀をしたASKAさん。

ファンの前に発した注目の第一声が「おまたせ~ お約束の 大ボケ~ まぼろし~」

とIKKOさんのものまね口調。

ASKA「YouTube見ていたらさ、目に飛び込んできて、ずっと一人でやっていたんだよ、きのう」

ブランクを全く感じさせなかった復活のステージ。

2日後TBSで再び二人が顔を合わせました。

ライブ後初となる独占インタビューが実現

ビビット独占、テリー伊藤が迫りました。

テリー「おつかれさまでした」

ASKA「いえいえスタートなんで、今からです!」

テリー「そうだよね これからだもんね」

ASKA「いつもスタートの時にいう、行ってきますって言ってからツアーがあるんですけど、なんとなく僕も高ぶっていたんで、その言葉を忘れてしまいましたね」

テリー「それでIKKOさん出ちゃったの?」

ASKA「IKKOさんはね、お客さんの高ぶりをまず1回落とさなきゃいけない。ライブの最初にピークを持ってきたら もう 上がれないですもん。なんちゃってから入らなきゃいけないという気持ちがあったんですね」

テリー「それでIKKOさんになった?」

ASKA「そうそう そうです 深刻に「お久しぶりです」って入ったら高ぶりはつながっていくので…」

テリー「答えにくい質問かもしれないですけれども」

ASKA「はい、大丈夫です」

テリー「どうして薬みたいなところにいっちゃうのかなって…」

続きは、

ビビット 11月12日(月) ASKA独占インタビュー 放送
まとめブログは こちら

関連リンク

ASKA Offical Web Site

関連コンテンツ