Kindle Paperwhite 8GB 32GB どっちがいいの?

Amazonから発売されている最新のKindle Paperwhiteですが、容量が8GBのモデルと32GBのモデルがあります。

買うときに「どちらの方が良いの?」と悩まれている方も多いと思います。

ということで私個人の体験談をまじえ、簡単に解説していこうと思います。

それではさっそく・・・

Kindle Paperwhite 8GBと32GB どっちがいいの?

この2機種の違いは、容量と価格の違いしかありません。

で何冊くらい入るかですが、

8GBモデルの場合、通常の書籍だと、100~350冊くらい入る計算。ページ数の多いものをたくさん入れた場合で、100冊くらいという計算になりました。

絵柄の多いマンガを多く入れた場合は、だいたいですが70冊くらいは入る計算です。

▼こちらの記事にも詳しく書いています。

Kindle Paperwhite 8GBは何冊入る?【超入門】

32GBでは、これの4倍くらいになるので、かなり入る事になりますが、これを多く見るか少なく見るかは人それぞれだと思います。

常にKindle Paperwhiteの中にたくさん本を入れておいて、いつでも見たいと行った場合には、それでも少なく感じるかもしれません。

私の場合は、家にいる時にAmazonのホームページ上で本の出し入れを管理して、もう読まなそうな本は端末から外して使う方法をとっています。入れたとしても20冊程度です。

また、Amazonで購入したものや無料で読めるものは、読みたくなった時に端末に入れることが出来ます。
(Wifiの環境であれば、通常の書籍で1冊10~20秒くらいあれば、入れられます)

ちなみに、Amazon Prime会員の読み放題サービス(PrimeReading)は、最大10冊までを選ぶ形式になっているので、これを利用する場合は、必然的に容量を使わない事になります。11冊目を読みたい場合は、自分の読んでいるライブラリから1冊を外す必要があります。

8GBと32GBの価格の差としては2,000円程度なので、せっかくなら高い方と考えがちですが、結局使わないのであれば8GBで十分だと思います。

まとめると、次のような感じになります。

8GBがオススメの人

  • とにかく安い方が良い
  • そんなにたくさん端末に入れておかなくてもいい
  • PrimeReadingをメインで使っていく場合

32GBがオススメの人

  • 本やマンガを多く読み、コレクションとしていつでも端末にしまっておきたい
  • 毎回、書籍データの移動が面倒なのでとことん端末に入れておきたい
  • 価格差があまり気にならないので、大は小を兼ねるという意味で32GBを買っておく

といった感じになるかと思います。Kindle Paperwhiteを使うと、スマートフォンやタブレットより読書に集中することが出来ますし、身の周りもスッキリしますので、とてもオススメの端末です。

Kindle Paperwhite 本体・アクセサリー

Kindle Paperwhite 本体を購入する場合、下記リンク先のAmazonからがおススメです。

MEMO

Amazonで購入したKindle本体は、自動的にAmazonアカウントが登録され、本体とルーターの通信設定(Wi-Fi設定)を行えば、すぐに書籍をダウンロードして使い始めることが出来るようになります。

Kindle 関連記事

Kindle Paperwhite の中で、どのタイプが売れているかをまとめた記事はこちらです。

Amazon Kindle Paperwhite 売れ筋ランキング