【スッキリ】リレーアタックを防ぐ電波遮断ポーチ

2019年2月15日のスッキリでは、クルマを盗難する手口『リレーアタック』について特集されていました。

今の車はスマートキーといわれる電波を使った便利なタイプですが、その便利さを逆手に取った悪質な手口でクルマを盗難するケースが多くなっています。

スマートキーから発信されている微弱な電波を拾う特殊なアンテナをかざすと、約2秒程度でクルマのドアを解錠・エンジンをスタートさせてしまいます。

スマートキーを玄関の近くでなく、家の奥に置いておいても電波を拾うようになってきたということで、盗難の技術も上がってきているようです。

なんと現在、クルマを盗む手口の約4割がこの手口だといわれているそうです。

特に高級なクルマ、人気の車種は盗難されるケースが多く要注意です。

(海外でも高く売れるそうなんです。)

盗難車 ランキング

  1. プリウス
  2. ハイエース
  3. ランドクルーザー

となっています。

スッキリでは、最新のレクサスのクルマがこのリレーアタックで盗まれる事が紹介されていましたので、新しいクルマでも注意が必要です。

このリレーアタックですが、家での盗難だけでなく、コンビニやスーパー、食事で駐車場に止めたときにも要注意なんだそうで、ちょっとしたすきに狙われてしまうケースもあるようです。

クルマが盗難に合うと、警察を入れたり盗難届を出したり、盗難の保険に入っていても色々と手続きが面倒になってしまうようで厄介です。

電波遮断ポーチで防止

リレーアタックを防ぐ方法としては、スマートキーの電波を遮蔽する「電波遮断ポーチ」を利用するのが有効なんだそうです。

スマートキーを中に入れておくと、こういったリレーアタックから防ぐことが出来ます。

 

ネット通販で様々なデザインのものが売られていて、スマートキーのサイズに合わせて選べます。

オススメの電波遮断ポーチ

 

関連記事

【トヨタ定額制サービス】料金や条件はどうなる?他社との比較も