Kindle Paperwhite レビュー|使用した感想

私は「Kindle Paperwhite」を愛用しています。

ということで簡単に使ってみた感想をまとめて書いていきたいと思います。

Kindle Paperwhite レビュー|使用した感想

まず、Kindle Paperwhiteの良かったところから。

良い点
 icon-check-circle 画面の大きさの割に軽くて手軽なのが良い
 icon-check-circle 画面が見やすい
 icon-check-circle Amazon Prime Readingの併用の読み放題が良い
 icon-check-circle 通常の本よりちょっとお得
 icon-check-circle 身の回りのスペースがスッキリする(家、カバンの中)
 icon-check-circle バッテリーの持続時間がとても良い

良い点として、スマートフォンやタブレットと比べ、画面がシンプルで本に集中できる点です。

私の場合、気が散りやすい性格なのでw、集中できるペーパーホワイトはとてもいいです。

キングジムのポメラという文章を執筆する専用のツールもありますが、似たように読むための道具としてはとてもしっくりきます。

また、キンドルペーパーホワイトは、電子ペーパーという紙に近い画面で、とても目に優しいのが特徴です。

スマートフォンの液晶画面等は、ずっと見ていると目が疲れてしまいますが、キンドルは普通の本を読んでいる感覚です。

本は買えば買うほど、整理したり処分をしたりとなりますが、そういったことも無いので、とてもいい感じです。

また、本体に内蔵されているバッテリーの持続時間がとても長いので、充電を気にせずに読書に集中出来ます。
(1日1時間くらい使用して約2週間くらいは持つ感じです。)

懸念される点
 icon-check-circle カラーの雑誌や写真が多いものは、別の端末で見る必要がある
 icon-check-circle 電子書籍化されていない本も多くある

Kindle Paperwhiteは、モノクロの電子ペーパー方式ですので、文字や単調な絵やイラスト以外の表現は難しく、カラーの雑誌ともなると、パソコンやタブレットで見ることになります。

Amazonの電子書籍にはこのような雑誌も多くありますので、うまく使い分けをしていく必要もあります。

でも、キンドルペーパーホワイトは、本を読むことがコンセプトなので、私はデメリットとしてはとらえていません。

 

まとめますと、Kindle Paperwhiteを使用すると、

“シンプルさに気持ちもスッキリすることで、
「本を楽しむ・学ぶ」がしやすくなる”

といったことに尽きると思います。

みなさんもKindleで本を楽しまれてはいかがでしょうか?

関連記事

こちらの記事もおすすめです。

電子書籍と紙の本はどっちが良い?Kindle Paperwhite 8GBは何冊入る?【超入門】Amazon Kindle Paperwhite 売れ筋ランキングKindlePaperwhite 保護カバー おすすめランキング(第10世代モデル用)