Kindle 端末|本体を購入する方法【超入門】

『Kindle 端末』を購入する方法

先日、Amazon KindlePaperWhiteを買いました。

使用してみて、快適に読書をすることが出来てとても良いと思いました。

くわしくは、こちらの記事もご覧ください。

Kindle Paperwhite を使ってみた感想

ということで、購入方法を書いていきます。

Kindle 端末|本体の選び方

まず端末本体を選ぶわけですが、用途に合わせてモデルが用意されています。

『Kindle 端末』を購入する方法

一般の書籍やマンガ本を手軽に読みたい場合、一番おすすめなのがKindle PaperWhiteです。

Kindle PaperWhiteは、価格とサイズ、メモリ容量のバランスが一番良いからです。

画面の解像度も細かいので文字がキレイで、ふつうの紙の本を読んでいる感覚も得られます。

Kindle 端末|容量の選び方

KindlePaperWhiteには、容量違いの2つのモデルがあります。

 icon-chevron-circle-right 8GBモデル
 icon-chevron-circle-right 32GBモデル

この容量の選び方は、

『Kindleで主にどんな本を読みたいか?』

によって簡単に選ぶことが出来ます。

一般の書籍(文章メイン)の場合 8GBモデル
マンガ本の場合 32GBモデル
一般の書籍、マンガ本が半々の場合 32GBモデル

といった感じです。

一般の文章の書籍は、容量が少ないため、8GBモデルでもかなりの数を入れられます。

こちらの記事もおすすめです。

Kindle Paperwhite 容量|8GBは何冊入る?【超入門】

Kindle 端末|広告付きモデルとは?

続いて、広告つきと広告なしのモデルがあります。

Amazonからキャンペーンの情報がKindleのスリープモード時や、ホーム画面の下に表示されます。

このキャンペーン情報が入るタイプの端末は、2,000円ほど安く購入できますが、広告が入らない方がいい場合は、迷わず「広告なしモデル」を選びましょう。

私個人的には、広告がない方が良かったので、「広告なし」のモデルを買いました。

Kindle 端末|Wi-Fi + 無料4Gモデルとは?

ご自宅にWi-Fiルーター(インターネット環境)が無い場合は、「Wi-Fi + 無料4Gモデル」が便利です。

Kindle本をダウンロードする時に無料で4G回線を使うことが出来るタイプです。

ただ、大容量のマンガ本などは4Gでダウンロードできない場合もありますので、注意が必要です。

売れ筋から見てみると、Wi-Fi + 無料4Gモデルを買う人は少ないようです。

Kindle 端末|アダプターは必要なの?

KindlePaperWhiteには、付属品としてUSB 2.0充電ケーブルが付いてきますが、アダプターは付属してきません

アダプターはスマートフォンなどのアダプター(USB接続タイプ)があれば併用することが出来ます。

もし無い場合は、USBのアダプターを用意しましょう。

USBが2口のものであれば、スマートフォンなど他のものを充電しているときでも、同時に充電できて便利です。

Amazon KindlePaperWhite|最新機種はどれ?

続いて、購入するときに注意する点は、古い端末を購入しないようにすることです。

Kindleは、年々進化してきていますので、今からかうのであれば絶対に最新の機種を買いましょう。

最新の機種(第10世代)はズバリこちらの機種になります。

Kindle Paperwhite|おすすめの関連グッズは?

関連グッズの代表となるのが専用のカバーです。

Amazonから販売されていますKindle Paperwhite 純正の保護カバーは、
さすが純正だけのことがあって、デザインが良いのが特徴です。

『Kindle 端末』を購入する方法

持ち運びの時に強い衝撃があっても画面部分を守ってくれます。
色は3色ありますが、チャコールブラックはどんなものにも馴染み、
飽きが来ないのでオススメです。

カバーは好みに合わせて選ぶことが出来ます。

Amazonの純正以外にもサードパーティー製のカバーが多く販売されています。

その中でもオススメのカバーを紹介しているこちらの記事もご覧ください。

Kindle Paperwhite カバー おすすめランキング♪(第10世代モデル用)

続きまして、こちらも必需品の液晶保護フィルム

調べてみると、一緒に買われる方が多いようです。

『Kindle 端末』を購入する方法

反射防止で見やすく、抗菌処理までされています。
気泡レス加工により、貼る時も気泡が入りにくくなっています。
新品の時に貼るとホコリも入りにくいのでオススメです。

以上『Kindle 端末』を購入する方法について解説してみました。参考になりましたら幸いです。